セールスが万能なんて思っていない。夢を追って起業したのに、あまりにも商品やサービスを売らないから営業について書く

シェアする

売って売って売りまくれ〜

なんて、気持ちはさらさらない。22年間薬を売りまくってきたので、それほど売ることに対して、エネルギーを持っているわけではない。20年間ものあいだ、上司にこび、クライアントにへつらい、理不尽に涙し怒りながら頭を下げまくってきた。いまさらガッツリ営業、もちろんやるけど、ちょっと休憩。

では、なぜ、わたしは、今になって改めて営業のセールスの事業を立ち上げたか。それは、あまりにも、みんなが

売らないからだ

もうちょっと売らなあかんで。いくら押し売りが、売り込みが嫌いやからって言っても、その道で起業し、好きなことで、喰って、生きていきたいんなら、商品かサービスを売らないと、生きていけないよ。なにやってんの、待ってても売れないよと、言いたいからだ、言わなアカンと思ったからだ。

この記事で、10記事目ほどになるが、ここまで、売りなさいよ、セールスは大事だよって書いてきたから、この人は、売れ売れとうるさいなあと思われたかも知れない。そうではない、売りまくる必要はないが、少しは売らないといけないのだ。

だから、ここでセールスについて少しでも学んでいただければという思いでこのサイトを立ち上げたのだ。

実際わたしは、最近インバウンドマーケティングにはまっていて、弊社の商品のほとんどは、マーケティングありきで売っている。最終的なクロージングのときには、セールスの技術を駆使しているが、アプローチは全部コンテンツ。コンテンツマーケティングというのを駆使しているのだ。
11026033_630814987055617_1443032106535370732_n
今日のメッセージは、セールス向けというより、セールスを経験したことのない起業家向け。モノを売ったことがないと、売る瞬間のあの緊張感とか、どうしようもない罪悪感とか、爽快感とかがわからない。それは、売ろうとして始めて味わえるものだ。

もっと、気楽に売ることにチャレンジしていただきたい。あなたの商品やサービスが、飛ぶように売れるというなら必要ないけどね。

売るって、もっと、美しくて生々しいのだ。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>