全国展開する流行のカフェで出会ったウェイターの高田君が起こしたとんでも事件はとてもおもしろいものとなった。

シェアする

「ホットコーヒーお願いします」
「ブレンドですね、フレッシュはおつけしますか」
「結構です」

全国展開している最近話題のカフェが地元にできたので行ってみた。わたしの席を担当してくれたのは新人の高田(仮名)君だった。席についたとたん高田くんがきてくれた。いらっしゃいませといいながらテーブルに水を置いてくれた瞬間にわたしは言った。

私が悪いのだ。彼が水をテーブルの上に置いた瞬間にオーダーしたから悪いのだ。もう少し待てば良かったのだ。
注文用の端末をポケットから出すのを待てばよかった。オーダーを聞いて水を置き終わった彼はエプロンの右ポケットからおもむろに端末を取り出した。

ここで私は心の中で思い切り念じた。どうかもういちどオーダーをとらないでくれ。神様お願いします。どうかもういちどコーヒーを注文する罪を私に与えないでください。

高田君は左手の手のひらに端末を置いた。そしてふたを開けた。最後にもう一度お願いした神様おねがいします。そのまま何も言わず打ってくれ。思いは届かなかった。

「ブレンドコーヒーでよろしかったですか」
「はい」

確認しないと打ってはいけないルールなのか。きっとそうなんだ。でもこれ俺が悪いんだ高田君が水を置いて端末を開くまで待つべきだったんだ。日頃の行いも悪いので神様も許してくれなかった。私のはいと言う返事を聞いて高田君は端末に入力した。

「フレッシュなしブレンドでよろしかったですか」

高田君が私が今まで生きてきた中で、一度も聞いたことがない言葉を発した。ブラックで飲むので、フレッシュはいらないよというオーダーは、高田君によると、フレッシュなしブレンドという代物になるのか。

(ちなみに、フレッシュとはコーヒーについているミルクのことです。関西ではこう言います)

驚いた。一瞬うっとなったがはいと答えた。はたして、これは高田君オリジナルなのか、それともこのカフェの用語なのかと思っていると彼は画面の中にあるボタンを探しだした。ああ、あるのか、そのボタンがあるのだなと、それが高田君オリジナルではないと言うのがわかった。

高田君入って日が浅いのだろうか、画面からフレッシュなしブレンドを、なかなか見つけられずにいたが、ボタンを発見して嬉しそうに押した。

「モーニングはおつけしますか」
「はい、お願いします」

イライラを表情に出してはいけない。私はゆっくりと丁寧に笑顔で答えた。すこし慇懃になったかと思ったか大丈夫だ
高田君は画面に熱中してる。オーダーを終えた時点で私はもういちどお願いした。今度は神さまだけではなく、仏様にお願いした。

どうかオーダーの確認をしないでおくれ。このお店ではオーダーの再確認をするのを私は知っている。だけど今回私とあなたで交わしたやりとりは2回。大丈夫、フレッシュなしブレンドのモーニングつきだから、間違えようがない。頼むから、それを確認とみてくれないか。もう充分ではないかどうか私をそろそろ自由にしてくれ。仏様お願いします。

「ご注文を確認させていただきます」

やっぱりなあるよなマニュアルやもんなそして高田君、あなたはまだ新人だもんな悪くない。悪いのは俺だ。仏様にも無理言いまして申し訳ありません。

「フレッシュなしブレンドにモーニングセットでよろしいですか」

フレッシュなしブレンドって言われるとなんか思い切り違和感があり、自分が頼んだものと違う感じがしてしかたないのだがおそらくあってるだろう。

「はい、間違いありません」

と犯罪者が罪状認否するかのように答えた。

一連の取り調べが終わり私はほっと肩の荷を下ろしパソコンを取り出し仕事を始めた。まもなくすると、高田君とはちがうスタッフの今度は女の子がコーヒーを持ってきてくれた。この子はベテランだろう。

作業をしている私の邪魔にならないようにコーヒーをパソコンの向こう側に、モニターの陰に置いてくれた。そして、

「ブレンドコーヒーお待たせしました。こっち側に置いておきますね」

と言ってくれた。私は目線をキーボードからあげ彼女を見つめお礼を言った。

記事作成が一段落ついたので私はコーヒーを飲もうとパソコンの裏をのぞきソーサーに乗せられたコーヒーを引き寄せようとした。するとなんとフレッシュが銀色のフレッシュ入れに入って堂々と立ちはだかっていた。

えー、と心の中で突っ込んだ。あれだけ確認したのにフレッシュなしブレンドコーヒーというオーダーであってるのか
思い切り不安になったのに。高田はいったい何のボタンを押したのだ。これはいったいどういう名前になるのだ。
フレッシュ入りブレンドコーヒーになるのか。いやそれはおかしいフレッシュ入ってないものな。フレッシュ付きか。

高田、頼むわ。これでフレッシュがついてなかったら俺は絶対に記事にしなかったよ。あれだけフレッシュなしって確認したのに、しかも新種の名前までつけてたのに、一番最初にフレッシュだぜって目に飛び込んできたらせざるをえないでしょ。この記事書くのに20分も要してしまった。高田、またくるわ。成長したあなたにもう一度フレッシュなしブレンドを頼むために。
写真1508292301
おそらくだが、このカフェはコーヒーに添付したミルクの無駄を省くために、フレッシュなしブレンドコーヒーというのを作っているのだと思う。一度だしたフレッシュを、それが、あたかも使われていないように見えても、お客さんが何かを街があえて混入させている可能性があるから、おそらく、まあ、まちがいなく廃棄処分だろう。

これはあまりにも無駄なので、必要かどうか聞こうということになったのだろう。

すばらしいと思う。ただ、フレッシュなしブレンドという名前は、社内での隠語にしておくべきだと思う。その名前を聞くとなんだか知らないがソワソワする。端末のボタンはあったほうがオペレーションに間違いがなくなるので、それはそれでいいと思うが、いちいち口にするのは、辞めたほうがいいだろう。

あんなソワソワさせられて、しかもフレッシュがついていたなんて、なんともおもしろいことに出くわしたものだ。

コミュニケーションって難しいなとあらためて思う。合理的を求めた結果エラーがおきた。色々考えさせられる事件ではあった。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>