モノやサービスや自分を売っている全ての人に。セールスを学ぼうぜ

シェアする

結局これかよ

って感じなのだ。モノを売るのに絶対に必要なのはマーケティングとセールス。それを受けて、弊所ではセールスとマーケティングの事業を推し進めてきた。流行りはマーケティング。これは、セールスに比べて、この言葉自体が日本に入ってきたのがおそかったので、何か新しく、すごそうなイメージがあり、さらに言うと、セールスにみたいに嫌われていないから、なんとなくスマートっぽい。

それもあって、私もマーケターとなのったりしている。いまだにマンションには、押し売りセールスお断りと書いてある札やポスターがあり、出所したての元受刑者が、玄関先でパンツのゴムを売る押し売りと、肩を並べて嫌われている。

セールスですよと、言うのが、なにか、マーケティング的に上手くないので、影を潜めて、秘密裏に活動してきたが、もうやはり限界だと言わざるをえない。わたしは、スモールビジネスや中小零細企業向けに、モノを売るためのサポートをしている。やはり、彼らもセールスを毛嫌いし、どちらかと言えばマーケティングにでスマートに行きたいと思っている。

売り込むことを極端に嫌っている。あーーーーーもう。あかんあかん、そんなんあかん。売らなあかんねん。あんたとこの商品が、圧倒的に強く、他社を置いてきぼりするほど力を持っているのならよいよ。そんなことないでしょ、だったら、売らないといけない。

色々みていると、売らないのがいいとしているとか、売り込みがいやとかってなる人が多すぎる。やはり、売らないとイケないのだ。もちろんマーケティングで売れるならいい。でもそれでもやはりセールスを学ぶってのは必要なのだ。どうしてか?

人と人との生々しいやりとり

があるからだ。

企業はものやサービスを売っている。顧客はそれを命の次に大切なお金を出して買う。そこには、命のやりとりにほど近い、かけあいが存在する。わたしは20年間、お客様に商品を売ってきた。虎の子の数万円を出してもらうために、クライアントとのコミュニケーションに命をかけ、一瞬の空気の変化を感じ、最高のセールストークを、完璧なタイミングでねじ込み、クライアントに商品を買ってもらっていた。

そのタイミングが少しでもずれると、買ってもらえないどころか、あれだけあった興味が一瞬で冷めて、二度と振り向いてもらえなくなる。そうなると、もうその商品を買ってもらうことは相当難しくなる。

お金という命の次に大切なもののやりとりは、みなが思っているほど甘くないのだ。もちろん、マーケティングもお金のやりとりだが、セールスには、圧倒的に、人間臭さがある。

結局、ものを沢山売っている人は、人間を知っている。心理や感情がどう動くのかは、残念ながら、マーケティング・リサーチやアンケートではわからない。目の前のお客さんの、声にならない叫びや不安が、瞬間的に表情にあらわれのを、感じるのは、セールスにしかわからない。

少年よセールスしろ

世の中の厳しさを圧倒的に学べる。理論なんて通用しないケースなんて山のようにある、というより、そればっかりだ。嫁さんに偉そうに言われた社長の目の前に、たまたま現れただけで、理不尽なことでキレられ、商品を投げられるなんて、日常茶飯事だ。

そんなので、いちいちおかしいと言ってたら、生きていけない。だから、モノを売る全ての人にセールスは一度体験してもらいたいと思うほどだ。あの生々しさは、そのあたりには落ちていないからだ。今まで楽しく、大声を出して、笑い合ってたのに、こちらが、商品を売り込んでくるとわかると、途端に氷のような冷たい表情にかわるクライアントさんもいる。
スクリーンショット 2015-07-11 11.54.35

その瞬間は、背筋に一筋の冷たいものが流れたのかと思うほど、身の毛もよだつ思いだが、そういう、心理を学べる、人の心がどう動くかを学ぶには最高の場所だ。モノやサービスを売るすべての人にとって、セールスをやるということは、本当によいと思う。

よく言われる。あなたが今使っているパソコンの向こうには人がいるのだ。機械どうしが、勝手にやりとりしているのではない、人と人とのやりとりなのだと。

その人を学ぶのに、セールスをやることは、最短で最強の道のひとつだとわたしは思っている。

それが、この、ノームコアセールスという事業を立ち上げることになったきっかけだ。

今後は、このブログで、モノを売るということ、セールスとは何かということを、生々しい体験を含めて書くことで、みなさまにお伝えできればと思っている。

セールスマンも、そうでない人も、やりたい人も、やりたくない人も、もし、あなたが何かを売っているなら、このサイトはお役にたてると思う。是非、お気に入りに登録いただき、更新を楽しみにしていただきたい。

いやいやいや、待ってられない。記事数がまだ2個や3個しかないブログの更新を待つのはわずらわしいという方、とっとと読みたいという方は、是非こちらのメルマガに登録いただきたい。このメルマガは、セールスの経験を通してえた、感じた、一番大切なものであるコミュニケーションについて4年弱にわたり書いている。

セールスマン時代の体験談も沢山あるので、もっと読みたいと思っているかたは、登録いただきたい。

こちらから、登録できる。もちろん無料だし、過去の記事も読めるので興味がある方は合わせてお読みいただければと思う。

今後は、できるだけ頻度を高めて、このブログを更新していく所存ですので、どうぞ、ご贔屓にお願い申し上げます。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>