わたしがセールスを育成する研修事業を始めた理由。セールスの日常は苦しいのだ、なのに、研修までガテン系でどうするの。

シェアする

ないから作った。

営業の研修やセールスマンのセミナー。わたしが知りうる範囲でしかないのですが、わたしが望むような営業研修会社やセミナーがなかった。だから作ったんです、ノームコアセールスを。

わたしが望む営業のための研修期間やセミナーはずばり

ディズニーランドのような研修

です。

営業研修の代表的なものは、キツイやつです。駅で大声をだしたり、夜中に長い距離をあるいたり、鬼教官のところで修行したりです。それに効果があるのかどうかは知りません。でも、わたしは行きたくない。楽しかったらいいのにと思います。

あのね社長さん。営業の現場って超厳しいんです。研修に高いお金を払って、そんな苦しい体験をさせなくても、もっと厳しい体験を日々しています。

理不尽なことで怒られたり

(理不尽なことで罵られて地面にひれふす営業マンの物語はこちら。興味ある人は一読ください)

馬鹿だ、詐欺だとののしられたり、上司にはもっと売ってこいと怒られたり。もう日常が戦場です。それに比べたら、駅前で大声出すなんて屁みたいなものです。

日々戦場にいる優秀で有能な戦士を、研修という名のもとに、そんなところに送り込んで、誰がとくしますか。まあ研修会社はよろこびますけどね。そんな嫌な気分で、研修受けたって、絶対に効果なんてありませんよ。営業マンに聞いてみてください。

そういえば、ブッダもさんざん修行した後に、修行って意味なくねえ?みたいなこと言ってましたよ。

そうなんです。逆に研修をオアシスにしてあげましょう。日々ご苦労さん、心を癒やすために、研修を受けておいで、リフレッシュしてから、また営業活動おねがいするね、って具合にしてあげましょう。そうです、研修をディズニーランドにするんです。楽しい夢の様な世界です。

自己啓発系のセミナーやワークショップはひとつ参考になるかもしれませんね。あそこは自分の夢や目標を語る場所です。同じ志を持ったものどうしが、夢を実現するための方法を学びます。前向きで学びもあるので、リピーターも多いです。

営業の研修もそんな感じにするのです。成長したくない人間ていません。日々成長したいと思っているんです。そのためには学ばないといけないとも思っています。でも、そんなことはできない。なぜなら日々忙しいからです。そして、学ぶことは苦しいというイメージがあるからです、受験とかによって。
サーフィン教室
そんなことはありません。子供は恐竜の名前を全部言えます。ポケモンにでてくるモンスターの名前をもの凄く覚えています。電車の型式や国旗を全部言える子供がいます。そうなんです、楽しいと学ぶのは苦ではないのです。

弊所ではそれを目指しています。セールスマンに必修の分析力や観察力、察知する力や、プレゼンや企画書を書く能力を、ワークショップやセミナー形式で教えます。

そのすべてが、笑いあり、涙ありの楽しさ満載でお届けしています。

社長、人は自ら学ぼうとしないと、その学びは何の役にも立ちません。週末に研修をうけてこいと営業に指示した時に、ええ、またあれかあと営業がなるようではだめです。

おおおお、あのノームコアさんの研修ですか、ワクワクするぜ、い、行きます。社長、行ってきます。そういう研修しか体をなしません。

そういうことなんです。これがなかったから、わたしは作りました。これからも、より一層、楽しくて楽しくて仕方ない研修をつくります、日本一楽しい営業研修会社を目指して。

もちろん、ただおもしろいだけではない。ディズニーの面白さは、彼らの本気度と徹底度にある。徹底的にやるから、そこに楽しさが芽生える。

そんな営業研修会社をわたしはつくりたい

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>