2015年07月 一覧

商売人はつねに厳しい立場に置かれている。お客様やクライアントさんは、こっちの事情なんてどうでもいいのである。

商売人はつねに厳しい立場に置かれている。お客様やクライアントさんは、こっちの事情なんてどうでもいいのである。

あかん、あか〜んて、そんなとこでお客さん迎え入れたら。一生懸命大きな声を出してるから、お客さんには届いてはいるものの、でも、違う、そこはあか...

記事を読む

セールスはクライアントのオファーを社交辞令などと思わず、確実に受けるべし。もしそれが社交辞令としてもだ。

セールスはクライアントのオファーを社交辞令などと思わず、確実に受けるべし。もしそれが社交辞令としてもだ。

「どうやったら商品やサービスが売れるでしょうか、教えてください、みさおさん」 そう言われるので、 「それにはセールスとマーケティ...

記事を読む

新快速で、女性に席を譲った、30代のセールスマン風ビジネスマンは、とんでもない配慮力の持ち主だった。

新快速で、女性に席を譲った、30代のセールスマン風ビジネスマンは、とんでもない配慮力の持ち主だった。

「よかったら、ここ座ります?」 「あ、すみません、ありがとうございます」 大阪に向かうために姫路行きの新快速に草津からのった。その車...

記事を読む

セールスがクライアントを論破するなんてことは絶対にあってはいけない

セールスがクライアントを論破するなんてことは絶対にあってはいけない

そんなことするわけないじゃん、お客様は神様だぜ。 つねに平身低頭で新人セールスマンみさおの如く、つねに相手を敬い、こびへつらって商談し...

記事を読む

セールスが万能なんて思っていない。夢を追って起業したのに、あまりにも商品やサービスを売らないから営業について書く

セールスが万能なんて思っていない。夢を追って起業したのに、あまりにも商品やサービスを売らないから営業について書く

売って売って売りまくれ〜 なんて、気持ちはさらさらない。22年間薬を売りまくってきたので、それほど売ることに対して、エネルギーを持って...

記事を読む

大型書店セールス対決の最終章。b氏の登場で物語はクライマックスに。はたして勝つのはどっちだ。

大型書店セールス対決の最終章。b氏の登場で物語はクライマックスに。はたして勝つのはどっちだ。

書店シリーズ第3弾です。 情報収集のために立ち寄った大型書店で、商談の現場を目の当たりにすることができたという、あまりにも幸運な出来事...

記事を読む

セールスをやっていると、理不尽なことで、あやまるなんて腐るほどある。クライアントの常識が世間の常識

セールスをやっていると、理不尽なことで、あやまるなんて腐るほどある。クライアントの常識が世間の常識

「悪いけど、手持ちがないから明日きてくれるか」 十数年前の7月31日の午後3時過ぎ、この日に集金にきてくれと日時をしていしてきたクライ...

記事を読む

大型書店で出会ったふたりのセールスのその後1

大型書店で出会ったふたりのセールスのその後1

この記事は前回の記事の続きです。 臨場感あふれるセールスのやりとりがおもしろいと人気だった前回の記事。まだお読みになっておられないかた...

記事を読む

大型書店でであった、ふたりの出版社のセールス。果たして勝ったのは。

大型書店でであった、ふたりの出版社のセールス。果たして勝ったのは。

(おいおいおいおい、あかん、あかんて) 地元にある大型書店のビジネス書新刊コーナーで物色中の私は、頭のなかで必死でそのことばを繰り返し...

記事を読む

敏腕営業マンがもつ、お・も・て・な・し、の心とは

敏腕営業マンがもつ、お・も・て・な・し、の心とは

凄腕営業マンのおもてなしは、レベルが、頭ひとつ抜けている。 滝川クリステルさんが、オリンピック招致のプレゼンで、お・も・て・な・し、と...

記事を読む

1 2